SONY

体験談各分野の専門家によるMANOMA体験レビュー

2020.02.21

by All About

各分野の専門家によるMANOMA体験レビュー

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

総合情報サイト「All About」で活動する、あらゆるジャンルの専門家にMANOMAを体験いただきました。
今回は5名の方々の感想をご紹介します。

All About シンプルライフ ガイド 香村 薫

[人物]・All About シンプルライフ ガイド 香村 薫
モノを減らして時間を生み出す、ロジカルなお片付けのプロ
片づけの専門家。ライフオーガナイザー。トヨタグループの会社で学んだトヨタメソッドを家事に応用した「トヨタ式おうち片づけ」を発案。片づけサポート業務の「ミニマライフ.com」を起業し、全国での講演活動や書籍執筆、個人宅でのお片付けサポートを実施中。防災士の資格を取得し「防災×片づけ講座」も行う。

詳しくはこちら

鍵と室内カメラで安心便利を実現。これからの家族にベストバイアイテム!

このサービスの最大のメリットは「施錠」と「カメラ」にあると感じました。
今までは親子で外出する際、玄関で施錠しようとして子供が先に道路へ飛び出す…なんてことがありましたが、MANOMA導入後は、子供の手を引いたまま外へ出て、落ち着いてスマホで施錠できるようになりました。
また、わが家の子供達は、親の外出中に「鍵を忘れてまちぼうけ」「鍵をあけて入るものの施錠を忘れる」ということがとても多かったのですが、「Qrio Smart Tag」のおかげで子供が家に到着したタイミングで自動的に通知が来て、外出先からMANOMAアプリで解施錠できるようになり、毎日活用しています(子供に鍵を持たせる必要もなくなりました)。
カメラに関しては、留守番中の子供が何をしているのかをスマホでチェックできるようになったのが嬉しいです。
電車の遅延で私の帰宅が遅くなると分かった時は、「室内コミュニケーションカメラ」を使うことで、すでに帰宅している子供に音声で「先にお風呂に入っていてね」と伝えることができ、とても安心しました。
まだ子供にスマホを持たせるのは…と躊躇している親御さんにもオススメです。

All About うさぎガイド 石毛 じゅんこ

[人物]・All About うさぎガイド 石毛 じゅんこ
より良いうさぎライフのお手伝いをしています
2011年うさぎ年に、日本で初めての、介護の必要のあるうさぎもOKのうさぎ専用ペットホテル、老うさホーム「うさこんち」を開業。

詳しくはこちら

デリケートなペットの見守りや健康管理に心強い味方

「室内コミュニケーションカメラ」をうさぎの見守りのために利用したところ、安全確認のパフォーマンスが向上しました。
広角なので部屋全体が見渡せますし、うさぎの細かな動きも捉えるほどの鮮明さ。餌を食べているのか、寝ているのかまで、スマートフォンのアプリ画面ではっきりと確認できました。
また、「スマート家電リモコン」からエアコンを操作できるように設定したので、外出先からもこまめにオン、オフ、温湿度設定が可能になり、うさぎを家に残して外出するときも安心でした。
まるで自分が一緒に在宅しているような安心感が得られますので、デリケートなペットと暮らしている忙しい方にこそ、ぜひ知っていただきたいアイテムです。

All About 介護福祉士ガイド 小山 朝子

[人物]・All About介護福祉士ガイド 小山 朝子
当事者経験と介護福祉士資格をもつ「現場を知る」介護ジャーナリスト
介護福祉士の資格を持つ介護ジャーナリスト。全国の介護現場での取材経験と自らの10年近くの介護経験を踏まえ、各地で講演、執筆活動を展開している。

詳しくはこちら

在宅で介護する家族、親を離れて見守る子世代の頼もしい味方に

要介護者が増加の一途を辿るなか、ヘルパーによる訪問介護や、医療的ケアを提供する訪問看護など、在宅サービスを利用する人は今後増加することが見込まれます。
MANOMAに搭載されている「Qrio Lock」には一時的に合カギを発行できる機能があり、実際の鍵を預けなくても、このような在宅介護のサービスを受けることができます。特に夜間に訪問するヘルパーの出入りの際に鍵の開閉を気にせずに済み、介護家族の安眠にも繋がります。
介護でストレスフルな状態のときは「AIホームゲートウェイ」で音楽を流せば気持ちを和らげてくれ、癒しのパートナーとしても活躍すると思いました。
また、高齢になった親の家へMANOMAを設置するのも有効だと思います。「室内コミュニケーションカメラ」では見守りだけでなく火の元の確認を促すこともでき、大切なものに「Qrio Smart Tag」を付けることで置き忘れたものを短時間で見つけられます。
MANOMAは在宅で介護する家族、親を離れて見守る子世代の頼もしい味方になってくれるツールです。

All About 離乳食・幼児食・妊娠中の食事ガイド 川口 由美子

[人物]・All About離乳食・幼児食・妊娠中の食事ガイド 川口 由美子
子どもの栄養を考えた簡単レシピをご家庭に!
女子栄養大学 生涯学習講師。管理栄養士。
(一社)母子栄養協会 代表理事。
離乳食アドバイザー、幼児食アドバイザー。育児関連会社にてベビーフードの企画・開発、レシピ作成、育児アドバイスなどに携わった後、独立。二児の母。

詳しくはこちら

外出時もまるで家にいるような親子の会話ができました

ワーキングマザーにとって家に子供を残しておくのは何かと不安で、今までも他の防犯カメラを使っていたのですが、音声が聞こえにくかったのが悩みでした。MANOMAの「室内コミュニケーションカメラ」は画像も音声もクリアです。
「あれ?まだピアノに行っていないの?もう時間よ!」とまるで家にいるかのように話ができるのは、とても嬉しい機能でした。
子供は電話だとびっくりして出てくれないこともあるのですが、カメラを通じてだと安心するのか、「おやつ、これじゃないのがいいんだけどー」とくだらないことも気軽に話してくれるようになりました。
「Qrio Lock」は子供が帰ってくる時間にあわせて鍵を開けることもできますし、帰宅したかどうかもリアルタイムで確認できます。
親子がお互い「安心できる」というのがMANOMAの一番の利点だと思います。

All About 旅行ガイド 古屋 江美子

[人物]・All About離乳食・幼児食・妊娠中の食事ガイド 古屋 江美子
ライター。旅行やグルメを中心にWebや雑誌など様々な媒体で活躍。これまでに訪れた国は約40ヶ国。出産後は育児ジャンルにも活動の場を広げ、出身地である山梨県の「やまなし大使」としても様々な情報を発信中。現在は神奈川県在住。

詳しくはこちら

すきま時間にいつでも子供の様子を確認できるのは想像以上の安心感でした

取材や出張で家を空けることが多く、小4の娘を一人で留守番させるのが心配だったのですが、MANOMAの導入で不安がぐっと軽減しました。
「室内コミュニケーションカメラ」のおかげで、電車での移動中や打ち合わせの合間など、電話をかけるのは難しいちょっとしたすきま時間にも、スマホでサッと子供の様子を確認できるのは想像以上の安心感。ボタンひとつでそのまま会話もできるので、「暗くなったからカーテン閉めて」なんて気になったこともすぐ伝えられます。
娘は携帯のメールや電話になかなか気付いてくれないこともあるので、スピーカー・マイク機能はとても便利でした。
玄関には賃貸でもスマートロックを後付けでき、外出先から戸締まり確認や施錠ができるのも心強い点。子供の鍵に「Qrio Smart Tag」を付けておけば、下校時や遊びにでかけたタイミングでプッシュ通知も届きます。
子供の安心を守りつつ、仕事に打ち込みたいママには本当に心強いサービスです。

ソニーの新スマートホームサービス「MANOMA」

今回はすべての機器が揃ってMANOMAをフルに活用できる、「トータルプラン」を体験いただきました。
この他にも、AIホームゲートウェイと室内コミュニケーションカメラで構成される「シンプルプラン」もご用意しています。

どちらのプランが最適なのか、もう少し詳しく知りたい方は、「MANOMA最適プラン診断フォーム」からお問い合わせください。

[機器]・MANOMA最適プラン診断フォームバナー

一覧にもどる

公式SNS