SONY

サービス特長スマートロック「Qrio Lock(キュリオロック)」でドアの鍵の開閉をスムーズに!

スマートロック「Qrio Lock(キュリオロック)」でドアの鍵の開閉をスムーズに!

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

1. スマートロックって何?

スマートロックとは、スマホアプリから鍵の開け閉めができる装置です。
アプリから鍵の施錠状況を確認して遠隔で操作できるため、防犯対策にもなります。
また、スマホを操作して鍵の開け閉めを行うだけでなく、スマホのBluetoothに反応してハンズフリーで解錠できるものもあり、荷物で手がふさがっている際にも便利です。
スマートロックには、後付けが可能なものもあります。
後付けのスマートロックの設置方法は簡単なものが多く、玄関ドアに機器を取り付けてアプリの設定を行うだけなので賃貸でも導入することが可能です。

2. スマートロックのメリット

スマートロックを導入するメリットには、どのようなことがあるでしょうか。
いくつかご紹介します。

2.1. 鍵の開閉がスムーズになる

スマホで鍵を開け閉めできるため、外出時に家の中で鍵を探したり、帰宅時にカバンの中から鍵を探す必要がありません。
また、たくさんの荷物で手がふさがっている際も、スマホのBluetoothに反応してハンズフリーで解錠できるものもあるのでとても便利です。

2.2. 鍵をシェアできるため、鍵の受け渡しが不要になる

スマートロックでは、スマホアプリ上で鍵のやり取りができるため、実物の鍵の受け渡しをする必要がありません。
合鍵の発行方法はスマートロックの種類によって異なりますが、メールで合鍵情報を送ったり、アプリをダウンロードしてもらった上で合鍵を送ったりすることが可能です。
また、時間を限定して合鍵を発行することもできます。
事前に鍵を渡さなくても、招いた友人や恋人に部屋の中で待っていてもらうことができます。

2.3. オートロック機能搭載

多くのスマートロックには、オートロック機能が搭載されています。
これならば、急いで外出する際も自動で施錠してくれるため、鍵をかけ忘れる心配もなくなるでしょう。

2.4. 鍵の開閉履歴を確認できる

スマートロックは、スマホ上で鍵の開閉履歴を確認することができます。
残念ながら既存のドアと鍵に変わりはないので、ピッキングの被害を防げるわけではありません。
しかし、鍵の開閉状況と開閉履歴が確認できるため、不法侵入にされた場合など、異常事態が発生したことに気づくことができます。

3. スマートロックのデメリット(注意すべきポイント)

一方、スマートロックの導入にはデメリットもあるので、いくつか紹介します。

3.1. 締め出される可能性

オートロック機能搭載のスマートロックは施錠忘れがないため便利ですが、スマホを持たずに外出すると、家から締め出されてしまう恐れもあります。スマホを家に忘れたということは、管理会社や家族に連絡することもできず、大変なことに。
オートロック機能は、オン・オフの設定ができるので場合によってはオフにしたり、実物の鍵を持ち歩くなどして注意しましょう。

3.2. 取付不可能な場合も

スマートロックの機器は主に玄関のドアに取り付けますが、引き戸などのドアンの場合は取り付けができないこともあります。
スマートロックメーカーのホームページでは、対応しているドアロックを掲載しているので事前に確認するようにしましょう。

3.3. ハッキングされるリスクがある

鍵の開閉をスマホで操作できるのは便利な反面、インターネットにつなげることでハッキングされるリスクもゼロではありません。
最近のスマートロックのシステムはセキュリティ面も強化されているので、常に最新のものにアップデートしておいたり、複雑なパスワードを設定することで対策を怠らないようにしましょう。

4. 賃貸物件でもスマートロックは取り付け可能?引き戸にも使える?

主に一般家庭で利用されるスマートロックには「交換型」と「後付型」の2パターンがありますが、賃貸物件では後付型がおすすめです。
既存のドアや鍵に穴を空けるといった工事をせず、ドアの内側に両面テープで取り付けるだけのタイプもあるので、賃貸物件でも届け出なく設置可能です。
両面テープというと耐久性や跡が残る不安がありますが、耐久実験をクリアしていて跡も残らないタイプが多いため、心配ありません。
形状もドアノブ一体型や南京錠型など、後付け型にもさまざまな種類があるので、目的に応じて選ぶと良いでしょう。
Qrio Lock(キュリオロック)の公式サイトでは、ドア付きタイプや面付き箱錠タイプ、プッシュプルタイプなど、多くのタイプのサムターンが対応と紹介されています。
ご購入の前に|Qrio Lockサポート情報

5. スマートフォンの電池が切れてしまったら?

鍵の解錠をスマートフォンに頼っている場合、スマホの充電が切れるとスマホを持っていても鍵が開けられなくなってしまいます。
万が一に備えて予備の鍵や、スマホを充電できるように携帯充電器を持ち歩くようにしておきましょう。

6. タイプ別に見る、おすすめのスマートロック

[人物]・ドアの前でスマホを持つ女性

スマートロックにも、さまざまな種類があります。希望に合ったスマートロックを探してみてください。

6.1. 荷物が多い方は「ハンズフリー」

ハンズフリータイプは、スマートフォンをカバンやポケットに入れたまま、鍵を解錠できるタイプです。
スマートフォンを探して取り出す必要がないため、荷物で手が塞がっている際にはとても便利です。
しかし、Bluetoothの接続状況次第ではスムーズに解錠できないこともあるので、その際はスマートフォンを操作する必要があります。

6.2. ハンズフリーが心配な方は「スマホ操作」

ハンズフリータイプでの施錠・解錠を不安に思う方は、スマホ操作のタイプがおすすめです。
カバンやポケットからスマホを出して操作する必要があるので少々手間ですが、Bluetoothを使用しないので確実に施錠・解錠することができます。

6.3. 家族が多い方やスマホを持っていない場合は「マルチデバイス」

マルチデバイスタイプとは、カードキーやフィーチャーフォンといったスマートフォン以外のデバイスでも施錠・解錠できるスマートロックです。
スマートフォンを持っていない子どもがいる家庭や、機器の操作に慣れていないお年寄りの方などが、よく使われています。
最近では、音声や顔、指紋認証で施錠・解錠できるタイプも登場してきています。

7. 「Qrio Lock(キュリオロック)」って?

ソニーの新スマートホームサービス「MANOMA(マノマ)」で提供する、スマートロック「Qrio Lock(キュリオロック)」には、以下の特徴があります。

・オートロック機能搭載
・ハンズフリー機能搭載
・従来の鍵も使用できる
・別売りのQrio Hub(キュリオハブ)を繋げば、遠隔で操作可能
・メールで合鍵情報をシェア可能
・鍵の開閉履歴のスマホで閲覧可能
・付属の両面テープで簡単取り付け
・Apple Watchで施錠・解錠が可能
・Qrio Key(キュリオキー)という専用リモコンキーで施錠・解錠可能

Qrio Lock(キュリオロック)はハンズフリー機能などはもちろんのこと、遠隔での操作やApple Watchとの連携もでき、多くの機能が搭載されています。

8. 便利なスマートロックで快適を生活を送ろう!

スマートロックを導入することのメリットや、導入する上での注意点について紹介してきました。
鍵をスマホで操作できることは便利なだけでなく防犯対策にもなります。
今よりも快適で安全な生活を検討してみてはいかがでしょうか。

■Qrio Lock(キュリオロック)について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

一覧にもどる

公式SNS